あさこ.com

旅行・グルメ・スイーツ・ダイエット・美容・YouTube・好きなものいろいろ

フィギュアスケートはジグソーパズル

どうも!あさこです。

 

先日自分のスケートファンになってから今までのことを書きました。

アクセスは過去最高で、やっぱりフィギュアスケートというジャンルは皆様に興味を持ってみていただけるのだなぁ、と再確認。

 

それに調子に乗った形で今日は少しカッコつけた記事でも書いてみようと思います。



あなたがフィギュアスケートのファンになったきっかけは何ですか?

 

あなたがフィギュアスケートを好きになったきっかけは?

そのスケーターを応援しようと思ったきっかけは?



この問いには十人十色の答えが返ってくるでしょう。

私は前記事でも書いた通り、高橋大輔選手のトリノ世界選手権、フリーの演技を観て大ファンになりました。

 

いろんなきっかけがありますが、やはりオリンピックや世界選手権など大きな大会のテレビ放送で好きになった人はフィギュアファンの中でもかなりの割合を占めるでしょう。

 

それくらいテレビというものは影響力があるものです。

 

バンクーバーで浅田真央さんのファンになった、ソチで羽生結弦選手のファンになった、平昌で宇野昌磨選手のファンになった、一人の選手のファンにならなくても大きな大会からフィギュアスケートを観るようになった、そういう人も多いはず。

 

もちろん、それは日本の選手のみならず、海外選手の場合もあるでしょう。

 

ではどうしてその演技に心打たれたのか、たくさんいる選手の中でなぜこの選手だったのか。

 

それははっきりとした答えが出るものではないのですが、私が想像するにパズルのピースのようなものがカチッとハマった感覚なのかな、と。

 

無意識に開いていた部分にはめたかったピースが突如現れて次々と埋まっていく。

そんな感じなのかなーなんて思います。

 

プログラムもまたパズル

 

スケーターのプログラムもまたパズルのように感じます。

 

曲や衣装、スケーティングでフレームができ、スピンやステップでどんどんパズルが埋められていき、ジャンプがその絵柄の中心になる、そんなイメージです。

 

今回の全日本フィギュアでは羽生結弦選手が4回転アクセルに挑戦しました。

 

今回は両足着氷でしたが、オリンピックでは4Aという金色に輝く大きなピースが埋まるかもしれませんね。

 

フィギュアスケート夢の舞台を目指して

 

そしてスケーターの選手生活もまた同じく。

 

スケートを始めた頃の思い出。

楽しかった、もっと滑れるようになりたい

憧れの選手のようになりたい

 

同じクラブの仲間と朝早くから夜遅くまで頑張った練習。

コーチの叱咤激励、家族の支え、感謝の気持ち

 

そんなスケートのベースになる想いがフレームとなって

成長し、出来る技が増えていったり、良い成績がとれるごとに輝くピースが組み立てられていく。

 

時にはうまくはまらなかったり、ピースがどこかに行ってしまうこともあるかもしれません。

 

それでも何度も試行錯誤しながら自分のピースを見つけてはめていく、毎日の練習の賜物で私たちはすてきな演技を見させてもらえているのだなぁ、と日々感謝しております。

 

4年に一度のオリンピック選考の全日本最終日はとてもうれしい日でもあり、とても切ない日でもあります。

 

パズルが完成するときに、そこにどんな絵があるのか

そこに全日本の舞台は、オリンピックの舞台はあるのか。

それはわからないけれど。

 

それでも夢の舞台を目指して信じて進むスケーター達を私は尊敬しています。

 

なんか偉そうに書いちゃってほんとに申し訳ないのだけれど・・・

共感してもらえる人がいてくれたらうれしいです。